最強育毛伝

ロゲインは最強の育毛剤として海外では有名です。そんなロゲインの通販する方法をご伝授しちゃいます。

最強育毛剤のロゲイン

最強育毛剤のロゲイン

「ハゲてしまいつらいんです・・・」「うすうす自分でも気づいてはいたんです・・・」「治せるなら治したい!!」人の目に付く所だと気になってしまいますよね。男性に多いと言われている脱毛症。AGA(男性型脱毛症)はなぜ発症するのでしょう?

AGAとは髪の毛が年々薄くなっていってしまう状態で、その原因はストレスや遺伝であったり、誰にでも起こりえる加齢により、男性ホルモンのバランスが乱れてしまうことで発症します。

「もう生えてこないのでは?」と諦めて居る方はきっといらっしゃるはずです。しかしまだ早いです。しっかりと対策を立てれば再び髪を生やすことが出来ます。そうです、最強の育毛剤と呼び声の高い「ロゲイン」を使えば今からでも治せます!AGAによって弱ってしまった髪を強くし、毛乳頭細胞なども刺激するため発毛も促進するのです。

ロゲインを使い、そしてAGA治療薬のパイオニアとも言われる「プロペシア」も合わせて使う事で、より発毛と育毛がスムーズになり元のフサフサな状態に戻ることが出来るのです。ちなみにロゲインは通販でのみ購入出来る製品なので、その方法についてもご紹介致します!

ロゲインのすごい効果

ロゲインはどれだけすごいの?

ロゲインの主成分であるミノキシジルには血管を拡張する作用があるので、頭皮の毛細血管の血流が良くなります。血液というのは栄養素や酸素を体中に届ける役割もありますので、そのことにより頭皮の血流も活発になるのです。

すると毛母細胞が活性され、AGAによって活動を休止していた発毛サイクルが再び活性化し、髪を生やす準備を整えていきます。さらに今生えている髪に対しても十分に栄養を行き渡らせていくので、抜け毛予防、健康で太くてコシのある髪の毛にしてくれるのです。

「初期脱毛」という最初の1~2ヶ月は抜け毛が増える期間があるのですが、それは古くなった髪を新しい髪が押し出す事によって起こるため、心配になるとは思いますがしっかりと効果が出ているということになるので慌てないようにしましょう。

ロゲインとはどんな商品

改めてロゲインについて振り返ってみようと思います。1980年代、全世界で有名な製薬メーカーであるファイザー製薬が開発したミノキシジルを主成分として配合している塗布タイプの育毛剤です。当初は血圧を下げる為に使用されていたミノキシジルでしたが、副作用で体毛が濃くなる事が分かり育毛剤としてとして開発されました。 現在、その販売権はマクニール社(ジョンソン・エンド・ジョンソン傘下)に移っています。

ロゲインを通販するための方法

ロゲインを通販するための方法

ロゲインって聞いたことあるけど実際には見たことはない。そう思いませんでしたか?まさにその通りです。薬局では同じミノキシジルが使われている「リアップ」は見ることはあってもロゲインは並んでいないですよね?その理由は実に単純で、日本では承認されていないためです。そのため国内で手に入りません。しかし海外から個人輸入をすれば何の問題も無く購入出来ます。

とはいえ個人輸入は初めてやる方であれば少々手間取ってしまいますし、今では便利な通販サイトがありますので、そちらを利用する事をおすすめします。海外で販売されている価格であるため、リアップを購入するよりも安く済みます。そういった意味でもロゲインはとてもお得な育毛剤であるといえるのです!

個人輸入

個人輸入

個人輸入とは、海外で販売されている商品を取り寄せる事を言います。海外旅行へ行った際にお土産を持って買えるのも個人輸入として扱われるので、税関のチェックが入るのです。また旅先からではなく、インターネットを使って海外の販売サイトから直接購入することも当てはまりますが、実際に1人で個人輸入するとなると、手続きなどがとても大変です。

特に医薬品の場合であれば処方箋は必要ないものの規定量が決まっており、それを超える場合には書類を提出しなければなりません。また海外では合法でも、国内では違法になるものもあるのでそれについても把握をしていなければならないのでちょっとたいへんかもしれません。そこで通販、いわゆる「海外医薬品の通販」を利用します。

通販には、海外で販売されている薬が多く見られます。その中の1つにはもちろんロゲインも。薬局で購入する場合よりもかなり安いので、今まで躊躇していた方もだいぶそのハードルが下がるのではないでしょうか?1本3800~4200円程度で購入が可能です。

つまりロゲインを通販で手に入れる事はコストもおさえられて、薄毛の悩みも解消してくれる最高の手段ですね。インターネットを使うわけなので誰にも知られずに簡単に購入出来るようになったのは薄毛に悩んでいる方にとっては利用しない手はないでしょう。

ロゲインの使用方法

ロゲインの使用方法

ロゲインの使用方法について説明していきます。1日2回使用(12時間空けて下さい)する事で主成分のミノキシジルの有効濃度が保たれるので最低3ヶ月は使用し24週、継続して下さい。使われている方で多いのは、朝と晩の「1日2回」。清潔な頭皮、髪が完全に乾いてる状態で1mlを直接頭皮に揉み込みます。塗布してからは自然乾燥をさせ、浸透しきるまでは洗い流さないで下さい。そうする事で効果が出やすくなります。

またロゲインを使う上でのポイントとしては量を守る事です。効果を早く実感したいという理由で量を多く使用してしまうと、副作用の危険が高まってしまいます。そして必ず頭皮の部分に塗ってください。髪に塗っても意味はありません。薄毛の気になる頭皮に塗るのです。その後は優しく頭皮をマッサージしてみましょう。血行が良くなるとのことです。

頭皮マッサージは地味ながらも意外に効果があるようです。頭皮が硬い方は血行が悪い証拠。あまり柔らかすぎても駄目ですが、適度な状態を目指し毎日習慣にしていけば改善していくことでしょう。ロゲインを使う際に一緒に行うようにしてみて下さい。

最後に、ロゲインを乾かす事に関してです。乾くまでに20分ぐらいかかると言われていますが、この20分がとても大切なのです。理由は、20分の間に、有効成分でもある、ミノキシジルが浸透していくため。そのためドライヤーで乾かしたり、再びシャワーを浴びる、雨に濡れてしまうと意味が無くなってしまいます。気を付けましょう。

プロペシアと合わせて使ってみましょう

AGA治療薬として有名なプロペシアもまた、ヘアサイクルを正常化させるためには必要な薬です。主成分であるフィナステリドにがヘアサイクルを乱すホルモンの生成を抑えるわけですが、ミノキシジルと組み合わせる事でよりその効果が高まるといいます。どちらの作用も補完しあうためです。

ミノキシジル製品であるロゲインは発毛・育毛を促進させる効果が強く、プロペシアは抜け毛を止める作用が強いため、薄毛に対し非常に良い効果が生まれるというわけです。同じような病気で使う薬は効果が強く出てしまう傾向がよくあるのですがこの2つに関しては心配する必要はありません。安心して使っていきましょう。

プロペシアもまた通販で購入する事が可能です。もちろん医療機関で処方されるよりも安く手に入りますので、ロゲインと一緒に買って髪をフサフサにしちゃいましょう。ロゲイン、プロペシアとも即効性は無いとされていますが組み合わせて使う事で少し早く良い結果が見られると思いますよ!

ロゲインの副作用

ロゲインの副作用

ロゲインの副作用は「頭皮のかぶれ・痒み」「顔のほてり」「頭痛」とありますが比較的、副作用は少ないと言われています。副作用ではないですが、よく勘違いされるのが使用後1ヶ月後に起こる「初期脱毛」。髪が生まれ変わろうとする際に不健康な髪が抜けていき、普段の3倍程の量があるため驚かれると思います。しかし1ヶ月を過ぎると止まるのでご安心下さい。

またミノキシジルには血管を拡張する効果があるため、血圧を下げてしまいます。低血圧の方は十分使用に注意して下さい。なにか異常を感じた場合は一旦使用を中止し、お医者さんに相談をしましょう。

初期脱毛症について

先程も触れた初期脱毛は再三お伝えしている通り副作用ではありません。しかしロゲインを使う上では必ず起きる現象です。約1~2週間続けていくと始まってきます。実はこれは発毛・育毛効果が出ているからこそ起きます。

「まてまて!フサフサにしたいのになぜ抜けてしまうの?」「抜け毛が増える?逆じゃないのか?」と不安に感じる方は大勢いらっしゃいますよね。そこでロゲインをこれから使っていきたいと思われる方に安心していただく為、改めてその理由を説明していきましょう。

AGAを発症している方のヘアサイクルは、その原因である「DHT(ジヒドロテストステロン)」によって乱されてしまいます。そのため髪が成長しきらず、短い期間で抜け毛が起きるのです。ロゲインを使う事で髪の成長が元に戻っていくため、元気な髪が再び生えてくるようになります。

主成分であるミノキシジルの効果で血管を拡張させ血行を促進される事で、髪の毛が正常に戻ろうと頑張りだします。そして毛根の下では「髪の毛が待機」。「外に出してくれー!」といわんばかり。ようは「準備中!」なわけです。新しい髪の毛が生成され、その準備で抜けてしまうという事になります。結果健康な髪が出てくる証拠ですね!

しかし中には「やはり抜けるのは少し不安」「合わなかったのかな?」と抜けたことにビックリし使用を中止してしまう方も少なくありません。でも逆に考えてみて下さい!初期脱毛があるということは「準備中!」「効き目が出てきた証拠」なわけですよね?

「なんだ!薬が効いてるから抜けるのか!」こう考えると心配じゃなく嬉しさに変わりますよね!ミノキシジルが成分で入っている時は安心して下さい。ここでくじけないで続けましょう! 初期脱毛は約1ヶ月程続き、長い方であれば2ヶ月で収束します。その過程を経て次からは産毛が見えだし、徐々にその量が増え薄毛が改善されていくのです。もしあまりにも長く続くようでしたら、お医者さんに相談しましょう!

ロゲインのジェネリック

実はロゲインには多数ジェネリックが開発されています。いずれも通販を利用しなければ購入が出来ません。その中でも人気の高い商品がいくつかありますのでこの機会にご紹介します。ジェネリックであることからロゲインよりもさらに安い価格で購入することができます。ぜひ薄毛改善の手段の1つとして覚えていただければと思います。

ツゲイン

ツゲイン

ツゲインはインドの有名な製薬メーカー、シプラ社が開発した「ロゲイン」のジェネリックです。主成分はもちろんミノキシジルで、最大の特徴である「濃度2~10%」と商品に幅があるのが最大の魅力。ロゲインのミノキシジル濃度は5%なので倍の濃度が配合されている事になります。そしてジェネリックであるため格安。もちろん安全、安心に使用できる医薬品にのため心配は必要ありません。

「最近うすくなってきたな・・・」など、脱毛している所に塗ることで、その部分の血管が一時的に拡張されます。ミノキシジルの作用ですね。血管が拡張される事で血流も増加し、毛母細胞が活性化され、栄養が毛根に行き届いて発毛を促進してくれるんですね。

若年性の方の薄毛にも効果があるんですって!育毛効果はロゲインと、ほぼ同じ!そりゃそうですよね成分が同じなのだから。特に頭頂部の薄毛に効果があり、また額が薄くなってきたと感じた人にも効果があるようです。

ツゲインの使用方法

ツゲインの使用方法は「1日2回」(12時間空けて下さい)の使用。清潔な頭皮で使用しましょう。朝と夜、風呂上がりにすると捗るのではないでしょうか?そして髪が完全に乾いてる状態で1mlを直接頭皮へ浸透させていきます。塗布してからは自然乾燥をさせ、浸透しきるまでは洗い流さないで下さい。そうする事で効果が出やすくなります。塗るだけで頭皮に浸透してくれるのはとても嬉しいですよね。ただ額に塗る際は、目に入らないように十分に気をつけて下さい。

スポイト式になっており、定量を吸い取ったら頭皮に塗ります。ここで気をつけないといけないのが、用量と用法です。守らないと副作用が高まるようです。ツゲインは塗布タイプなので基本副作用は少ないといわれております。また他のと比べると「ベタつきにくかった」「ニオイも気にならなかった」と言われています。

ツゲインの副作用

ツゲインの副作用もまたロゲインと同じように頭皮のかぶれやかゆみが発生してしまう事があります。次に「頭痛」「眠気」「むくみ」など出る方もいますがそこまでひどい症状ではないようです。ミノキシジルの血管拡張作用によって低血圧を招いてしまうこともあるため、めまいや立ちくらみを感じた場合、病院で相談をすることをおすすめします。

カークランド

カークランド

カークランドは、コストコのプライベートブランドであるカークランド社が開発・販売を行うロゲインのジェネリックです。主成分は同じミノキシジルで含有量も同じく5%。ではその違いは何?と聞かれれば、何より低価格な所ですね。1本2500円前後で購入でき、ロゲインよりも1000円以上安いのが魅力です。長く続けるならカークランドを選択したほうがコストを抑える事に繋がります。選択肢の1つとして考えてみるのも一考です。

カークランドの効果

カークランドは、ロゲインのジェネリックなので、薄毛が気になる部分に塗ってあげることで、頭皮の血管が一時的に拡張されます。そうすると血流も増加してくれ毛母細胞が活性化し、栄養がより一層毛根に行き届いて発毛を促進してくれるんですね。

使用し始めてから1ヶ月程たつと抜け毛が一時的に増加する初期脱毛が起こります。しかし新しい髪が下から頑張って出てきている証拠なので安心して下さい。もし2週間以上続くときは、お医者さんに相談して下さい。

 
カークランドの使用方法

カークランドの使用方法は、朝と晩の「1日2回」(12時間空けて下さい)。他と違うのは1日1mlまでと指定されています。量を守らないと副作用で頭皮のかぶれなどが、起きてしまう可能性があるので守りましょう。シャンプーは薬用で頭皮の脂を落とせるやつを使うとよいらしいですよ。

清潔な頭皮で浸透しやすくしてあげて、髪の毛が完全に乾いてる状態で1mlを直接頭皮に優しく揉み込みます。塗布してからはドライヤーではなく自然乾燥をさせ、浸透しきるまでは洗い流さないで下さい。そうする事で効果が出やすくなります。塗るだけで頭皮に浸透してくれるなんて嬉しいですね。

カークランドの副作用

カークランドもまた、ロゲインと同じように「頭皮の痒み」「頭皮のかぶれ」「顔がほてる」などの症状が現れる事があります。ただ発症率はとても低く、ほんの数パーセントなので安心して下さい。また皮膚の弱い方や、血圧に不安がある人、低血圧の方は使用を控えた方が良いかもしれません。

ポラリス

ポラリス

ポラリスは、ポラリスリサーチラボラトリーズ社が開発した、ミノキシジルを配合する育毛剤です。厳密に言えばジェネリックでは無いものの、こちらも人気であるためご紹介致します。購入される場合は、海外医薬品になるので通販を使用しましょう。

そしてポラリスは何と言っても商品ラインナップが多く、主成分のミノキシジルは変わらないものの、プロペシアの主成分であるフィナステリドが配合されているものもあり、ロゲインよりも進化した育毛剤といえるかもしれません。またリンゴポリフェノールが配合されているので、生え際にも効果が期待できるとあり、発毛効果に対する評判はとてもよいのです。

ポラリスNRシリーズの種類

現在ポラリスのNRシリーズは(NR07、NR08、NR09、NR010、NR11)の5種類と、NR02のシャンプーがあります。数字が上になるほど、ミノキシジルの配合も高くなっていきます。ですので、高い分効果も比例していますので期待できます。薄毛レベルに応じて様々な成分が配合されているので、薄毛の範囲や場所など、使用したい人の希望に応じてどれにするか選べるのです。

ポラリスの効果

・NR07は、ミノキシジル5%で、Lipospheres技術の優れた浸透力で成分が頭皮の奥深くにまで浸透してくれます。その結果最大の効果を引き出してくれます。

・NR08は、ミノキシジル8%、リンゴポリフェノールは5%になり、頭頂部以外にも生え際などにも効果があるとされています。

・NR09は、ミノキシジル15%で、NR08では産毛程度だった効果がNR09になると、産毛が太く、長くなる事もあるようです。

・NR010は、ミノキシジル16%で、クリームタイプの育毛剤になります。すでに進行してしまっているハゲた部分にも効果が期待できます。クリームタイプなので頭皮にも塗りやすい所と、副作用が少ない所が特徴的です。

・NR11は、ミノキシジル12%で、NR08とNR09の中間になります。「ミノキシジル」と、「フィナステリド」が有効成分のNR11。特徴としては、べたつきが少ない所、頭皮のかぶれや、頭皮の痒みのリスクが低い所が魅力です。

・NR02(シャンプー)は、ミノキシジルと、フィナステリドが配合された唯一のシャンプーになります。毛母細胞を増殖させ発毛を促してくれる効果があるので、シャンプーなのに、育毛、発毛が期待できてしまうのです。

ポラリスの使用方法

ポラリスの使用方法は「1日2回」(12時間空けて下さい)です。清潔な頭皮で、髪の毛が完全に乾いてる状態で1mlを直接頭皮に揉み込みます。ポラリスシリーズはニオイが少し強いので、出掛ける朝などは避けて、時間帯を気にしながら使用していくのをオススメします。

ポラリスの副作用

ポラリスの副作用は有効成分がロゲインと同じ、ミノキシジルの為、「頭皮のかぶれ」「頭皮の痒み」などになります。もし使用後頭皮がかぶれる事がありましたら使用を中止して下さい。もともと頭皮の弱い方は注意が必要です。

ロゲインの体験談

ロゲインの体験談

ロゲインを使用した方の体験談をまとめてみました。数多くの方が発毛を実感したようです。中には時間がかかったという方もいましたがプロペシアと合わせて使う事で大きく改善をした、という事も判明しています。それではいくつかの体験談をご紹介していきましょう。

40代 男性 自営業

私は最近髪の毛が全体的に薄くなってきたのが悩みでした。色々調べて辿りついたのがロゲイン。はじめて2ヶ月経ちました。最初は抜け毛の量に少しビックリしましたが、最近は少なくなりました。あとは育毛剤を使用するのが初めてだったので最初副作用なのかな?と、けだるい時があったけど少しすると出てこなくなったので安心しました。ロゲインを使ってみて変わったことは、頭皮の余計な脂分が昔に比べると落ちているように感じました。もう少し様子を見て使用を続けてみようと思います。

 

30代 男性 会社員

ロゲインを使用し始めてから1ヶ月が経つと、私の前髪の生え際にうっすらと産毛がみられました。暫く使用し続けると、2ヶ月経った時には、そのうっすらと産毛だった部分が少し濃くなってきているのが鏡をみて感じました。ロゲインを使用していて、ほんのちょっとべたつく所が気になりますが、ニオイは特に気になりませんし、4ヶ月目にして少し地肌が見えにくくなってきたのが非常に嬉しいです。私には合っていたようです。まだまだフサフサまではほど遠いですが、自分にとっては効き目がある事が分かったので、引き続き使ってみようと思います。

40代 男性 会社員

はげている部分では無い所にも予防しようと思い塗ってみたら、その部分まで抜け始めてきた。もしかして悪化したのか?それともはげそうだと思って抜けてくれたのか?使用し始めてから5ヶ月経ちました。正直あまり変化はみられません。私には合わなかったのでしょうかね?

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレット

「ミノキシジル」を配合する育毛剤は医学的に毛根の「血行促進」「増毛効果」があると認められているのが最大の特徴ですね。実は育毛剤の成分の中で、ミノキシジルは、最も高い評価「A」を貰っているのです!これは日本皮膚学会による評価なので、つまりはお医者さんよりお墨付きが貰えているという事になります。

ロゲイン以外にも育毛剤はありますし(薬局で販売されている商品など)、飲むミノキシジルというのもあります。直接成分が浸透していくので身体の中から薄毛を解消してくれます。そのためロゲインのような頭皮に塗る育毛剤以上の効果が期待出来るのです。

ミノキシジルタブレットの驚くべき効果

ミノキシジル内服薬の「ロニテン」など飲むタイプのミノキシジルの事をまとめて「ミノキシジルタブレット」と呼んでいます。塗るタイプの育毛剤は頭皮に塗るので、吸収率は少し低めですが、内服薬は直接体内に摂取されるので吸収率がとてもよく最大限の発毛や育毛効果を受けられるのです。

元々は高血圧の人が使う血圧降下剤として開発されました。しかし副作用として発毛が確認されたため、育毛剤へもシフトしていきます。しかし効果が抜群の反面、副作用の報告も多くあったため、塗るタイプの育毛剤「ロゲイン」が開発され、このタイプが主流になっていったのです。

とはいえ近年はミノキシジルタブレットの絶大な効果が見直され、AGAによって薄毛の進行が深刻になってしまった方、より早く髪を増やしたい方などに需要が高まっています。使い方に気を付ければこれほど薄毛に強い味方はありません。十分自身の体調を見ながら使っていきましょうね。1日1回5mgを1錠服用、水かぬるま湯で服用して下さい。

 

ミノキシジルタブレットの副作用

先程も申したようにミノキシジルタブレットはロゲインよりも高い効果を持っているのですが、反面副作用も強く現れる可能性があります。「嘔吐」「眩暈」「血圧低下」「むくみ」などの報告を受けています。中でも多いのが「多毛症」。ミノキシジルが育毛剤として見直されるきっかけとなった現象ですが、頭皮だけではなく実は体の至る所に現れてしまうのです。

腕や胸、スネ、手や足の指などにも現れすぐに分かる事でしょう。割と毛深くなってしまうようなので気にされる方は注意が必要です。薄毛の改善と多毛症、どちらも合わせて出てくると思えばあまり気にならなくなるかもしれません。また心臓や循環器系が弱い方は使用を避けて下さい。動悸や息切れが起こりやすくなるという報告もあります。また高齢者、未成年の方も使用が禁止されています。

ミノキシジルタブレットのジェネリック

ミノキシジルタブレットの元祖はファイザー製薬から販売されている「ロニテン」ですが、こちらはロゲインと同じく国内では承認されていない薬です。もちろん海外では処方されているので、使ってみたいのであれば個人輸入サイトを利用する必要があります。ただロニテンを販売している通販サイトはなかなかありません。また販売していた場合でも、かなり高額であるため購入しづらいと思います。

そこでミノキシジルタブレットのジェネリックを購入すれば、一気にその費用を減らすことが可能になるのです。一番有名な商品は「ノキシジル」。タイの製薬メーカーが販売しているのですが、その安さと効果の高さからユーザーからの評価がとても高いようです。

その他の商品にはフィリピンの製薬メーカーから販売されているミノキシジルタブレットや、インドの製薬メーカーから販売される「ロニタブ」も名前が知られているのではないでしょうか?ミノキシジルタブレットのジェネリックといえばこれらがまず挙がると思いますよ。

いずれも1錠あたりの単価が安く、ノキシジルであれば100錠入りで4000円!まとめて購入することで1錠の単価が下がるのでより安い価格で購入が出来ちゃうのです。5mg、10mgの2タイプがありますので、10mgの方を選び1錠を半分にしてから使う事で実質5mgとして利用でき、さらにはコストカットも出来ちゃうので非常に経済的なのであります。

ロゲインについてのまとめ

ロゲインについてのまとめ

AGAという男性にとっては深刻な問題となる脱毛症。薄毛が進んでいき、次第に寂しい頭皮になってしまいます。その改善にはミノキシジルを配合した最強の育毛剤「ロゲイン」を利用していきましょう。薄毛から再び髪が戻ってきだします。ただし毎日継続することが必要です。そして即効性もないので、薄毛改善にはある意味では根気が一番必要かもしれません。

またよりダイレクトに効果を得られるミノキシジルタブレットを使用すれば、ロゲインを使うよりも早く結果が現れる可能性が高いです。しかし副作用も出やすいというリスクもあることから慎重に選ばなければならないのは覚えておきましょう。汎用性が高いのはやはりロゲインのような塗るタイプではないでしょうか?

そしてお求めの際は国内の薬局、医療機関では手に入れられませんので(一部利用機関では処方される事もあるとか)、最も簡単な入手方法である通販を利用しましょう。いわゆる普段利用するショッピングサイトのような感覚でロゲインを購入出来ちゃいます。

しかも価格は国内で販売されている「リアップ」よりも安いため、コストパフォーマンスを重視するのであればロゲインがおすすめです。それにジェネリックも販売されているのでさらに費用を抑えたいのであれば選択肢の1つに入れてみましょう。ロゲインの習慣化で薄毛を改善し、周りの方々に驚きを与えてみませんか?自分にも自信が付きますよ!